FX用語集

「と」から始まるfx用語

投機 (とうき)

短期的な予測に基づいて価格の変動で大きな利益を得る取引のこと。

 

投機筋 (とうきすじ)

投機筋とは、レートの変動による利益を目的に売買を行う投資家のこと。

 

東京金融取引所 (とうきょうきんゆうとりひきじょ)

有価証券の売買及び市場デリバティブ取引を行う金融商品市場を開設・提供し市場の公正を確保すること、および、金融商品市場において成立した市場デリバティブ取引の清算業務を行うことを目的に設立された金融商品取引所のこと。

 

投資信託 (とうししんたく)

多数の投資家から預かった資金を大きくまとめ、資産運用会社の専門家(ファンドマネジャー)が株式・債券・不動産などに投資し運用の成果を投資家へ還元する金融商品のこと。

 

取引参加者 (とりひきさんかしゃ)

取引所が開設する市場において直接取引を行う取扱会社およびマーケットメイカーのこと。

 

取引所取引 (とりひきじょとりひき)

取引所を通して行われる取り引きのこと。

 

取引報告書 (とりひきほうこくしょ)

委託注文をした取引が成立したときに、成立した取引の内容を明らかにするため、会社が顧客に交付する書面のこと。

電子交付(書面の電磁的方法による交付)が認められています。

 

トレジャリー (とれじゃりー)

米国財務省証券(国債)のこと。

米国国債は世界最大の流通量と売買量を誇る証券で、その値動きや利回りの動きは世界の金融市場の指標となっている。

 

トレンド (とれんど)

長期的に見られる一定方向への価格の動き。

 

独歩高 (どっぽだか)

ある特定の通貨だけが上昇すること。

 

独歩安 (どっぽやす)

ある特定の通貨だけが下落すること。

 

ドル (どる)

アメリカ合衆国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポールなどの通貨単位のこと。

通常はアメリカ合衆国のドルをさす。

 

ドルインデックス (どるいんでっくす)

主要通貨に対してのアメリカドルの総合的な価値。

 

ドルコスト平均法 (どるこすとへいきんほう)

定期的に継続して一定金額ずつポジションを積み立てる投資手法のこと。

 

ドルペッグ (どるぺっぐ)

自国の通貨レートをドルに連動させる固定相場制度のこと。

 

ドルロング (どるろんぐ)

ドルの買い持ち状態のこと。

逆にドルの売り持ち状態のことをドルショートという。

 

-FX用語集

© 2021 FX初心者【リスクは最小限に!】始め方はココ! Powered by AFFINGER5