FXについて

・FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の英略で、正式には日本語で「外国為替証拠金取引」(がいこくかわせしょうこきんとりひき)といいます。

2国の通貨を売買してその差額の利益を得る取引の事で、簡単に言えば円からドル、ドルから円へとお金を両替して、その差分で利益を得る資産運用です。

 

・知っておきたいFXを始めるメリット

【手数料がかからない】

例えば外貨預金や株であれば、業者への手数料が発生します。

しかしFXの手数料は無料の所が多く、余計な出費をしなくてすむ、というのもFXの魅力の1つとなっています。

 

【少ないお金で始める事が出来る】

例えば株を始める場合、1つ1つは安くてもまとめて購入する必要があるため、最低でも10万、多ければ100万という初期費用が必要になります。

しかしFXの場合、後ほど詳しく説明しますが、レバレッジと呼ばれるシステムを活用することで、少ないお金で大きな取引をする事が可能です。

 

例えば1ドルが100円の時に、1万ドル(100万円)分を購入するとします。

単純に考えると、100万円が必要になりますよね。

しかしFXではレバレッジを25倍に設定する事で、たった4万円で取引する事が出来るんですよ。

 

【時間に縛られず取引が出来る】

「取引所が開いている時しか取引ができない」株と違い、FXは24時間いつでも取引する事が可能です。

世界各国で常に取引が行われているため、時間に縛られない取引が出来るのもFXの大きな魅力と言えるでしょう。

 

・レバレッジとは?

レバレッジとは、実際に持っている資金の何倍、何百倍の大きな額の取引を行う事が出来るシステムを表しています。

上記の例でいうと

1ドルが100円の時に1万ドル取引しようとすると、100×1万ドルで通常は100万円が必要になります。

しかしレバレッジを25倍に設定することで、わずか4万円の証拠金で1万ドルの取引が出来るようになるのです。

 

【計算式】

100円×1万ドル÷レバレッジ25=4万円

 

【レバレッジのリスク】

例えば100万円の取引が可能をする時、レバレッジは10倍に設定すると、10万円の証拠金で取引が可能です。

 

しかしこの100万円が、例えば80万まで減ってしまった場合、

100万円-80万円で、損失額は20万円になりますよね。

 

この場合、預けていた証拠金10万円を損失額が超えてしまったため、追加でさらに10万円が必要になってしまいます。

 

一見便利に見えるレバレッジですが、取引が大きくなればなるほどリスクが比例して大きくなっていきます。

しっかりとリスクを理解した上で行うようにしましょう。

 

レバレッジ規制とは?

金融庁より内閣府令です。

2010年8月1日よりFX取引を行う上でのレバレッジの上限を最大25倍、2011年には25倍に制限する、という内容のものです。

 

・FXをやる上で魅力的な2つの利益

【キャピタルゲイン】

例えば1ドルが100円のときに、100,000円で1,000ドルを購入したとします。

1ドルが110円になる円安のタイミングになると、持っていた1,000ドルは110,000円で交換ができるので、利益を得る事が出来ます。

 

反対に1ドルが90円の円高のタイミングになると、持っていた1,000ドルは90,000円でしか交換できず、逆に損をしてしまいます。

 

【インカムゲイン】

例えば日本の金利が0.5%、ドルの金利が5.5%だった時にドルを買うとしましょう。

5.5%(ドルの金利)-0.5%(日本の金利)=5%

 

この計算式から、ドルを持っているときは、常に5%の金利が貰えるという事がわかります。

反対にドルを売り、円を買った場合は、年利として5%を支払わなくてはいけません。

この金利差を「スワップポイント」と呼び、持っている通貨の日数分のスワップポイントを受け取る事が可能です。

 

【スワップポイントとは?】

日本の金利は世界的に見て超低金利で、限りなく0%に近い状態で推移しています。

一方で世界に目を向けると、米ドルで2.0%、ユーロでは4.0%など、高金利の通貨があるのです。

 

スワップポイントとは、低金利の通貨を売って、高金利通貨を買うことで得られる金利差、のことを表しています。

 

【スワップポイントのまとめ】

例えば日本の金利が0.1%

オーストラリアドルの金利が4.5% だったとします。

4.5%(オーストラリアドルの金利)-0.1%(日本の金利)=4.4%

 

もうお分かりかと思いますが、オーストラリアドルを買うと、4.4%の金利が貰えるということになります。

逆にオーストラリアドルを売って円を買うと、4.4%の金利を支払わなくてはいけません。

 

【スワップポイントで稼ぐにはFX業者の見極めが大切】

FX業者によって、スワップポイントの設定金額は異なっています。

 

A社:米ドル/円のスワップポイントが8円

B社:米ドル/円のスワップポイントが5円

 

これを365日(1年)預けた場合に得られるスワップポイントの金額は

 

A社:8円×365(1年)=スワップ金利2920円

B社:5円×365(1年)=スワップ金利1825円

 

たった3円の差ですが、1年で1095円もの利益の格差が生まれてしまうのです。

 

FXを始めたばかりの初心者の方は特に、スワップポイントが高いFX業者を選ぶ事も非常に重要になってきます。

© 2021 FX初心者【リスクは最小限に!】始め方はココ! Powered by AFFINGER5