FX用語集

「ふ」から始まるfx用語

ファンダメンタルズ (ふぁんだめんたるず)

経済を構成する基礎的条件のこと。

主に経済状況、物価動向、金融政策を含んでいる。

 

ファンダメンタルズ分析 (ふぁんだめんたるずぶんせき)

その国や地域の経済状況などから相場動向を分析する手法のこと。

 

ファンドマネージャー (ふぁんどまねーじゃー)

様々な人から集めた資金(ファンド)を運用する担当者のこと。

 

フェイバー (ふぇいばー)

現在保有している(売り、買い)ポジションを、市場レートで評価した際、利益が出ている状態のこと。

 

フェデラルファンド (ふぇでらるふぁんど)

米国の民間銀行が連邦準備銀行に預けている準備預金のこと。

 

フェデラルファンドレート (ふぇでらるふぁんどれーと)

フェデラルファンドの過剰準備を貸借する際の利子率のこと。

現在では連邦準備制度加盟銀行だけでなく非加盟銀行・外国銀行・貯蓄貸付組合などの金融機関相手の取引にも適用されている。

 

フォレックス (ふぉれっくす)

外国為替のこと。

 

フォワード (ふぉわーど)

先渡し取引のこと。

将来の一定時点の価格を現時点で約定する取引。

 

フォーワードガイダンス (ふぉわーどがいだんす)

中央銀行が金融政策の先行きについて事前に明示する指針。

市場参加者の予想や期待に働きかけて、市場金利に及ぼす影響を強めることが狙い。

 

含み益(損) (ふくみえき(そん))

ある時点のレートで未決済のポジション(建玉)を評価して、いくら損益が出ているかを表示したもののこと。

 

覆面介入 (ふくめんかいにゅう)

中央銀行が為替介入を公表しないで秘密に行なうこと。

 

踏み上げ (ふみあげ)

持っている売りポジションを損切りして買い戻すこと。

 

フューチャー (ふゅーちゃー)

先物取引のこと。

 

フロードリブン (ふろーどりぶん)

競争売買によって価格が形成される市場のこと。

 

ブル (ぶる)

相場の上昇を予想すること、または相場が上昇すること。

強気という意味。

 

ブローカー (ぶろーかー)

外国為替の取引業者のこと。

通貨の売り手と買い手を取り次いで取引を成約させ手数料を売り手・買い手の双方から徴収します。

 

プライス (ぷらいす)

外国為替市場で取引される為替レートのこと。

 

プライスアクション (ぷらいすあくしょん)

為替レートの値動きや出来高などを重視して売買することがリスクを最小限に抑え、また大きな利益をもたらすという理論。

 

プライマリーディーラー (ぷらいまりーでぃーらー)

ニューヨーク連邦準備銀行と直接取引ができる政府公認の証券会社や銀行。

 

プラザ合意 (ぷらざごうい)

1985年9月22日、ニューヨークの「プラザ・ホテル」で行われたG5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)において発表された為替レートに関する合意のこと。

 

プレミアム (ぷれみあむ)

先渡しレートが割増になること。

 

-FX用語集

© 2021 FX初心者【リスクは最小限に!】始め方はココ! Powered by AFFINGER5